菓子パンの賞味期限はどれくらい?

2022/04/04 コラム

菓子パンは比較的長持ちするイメージがありますが、賞味期限はどれくらいなのでしょうか。
今回は菓子パンの賞味期限について解説していきますので、商品補充の際はぜひ参考にしてください。

▼菓子パンの賞味期限
市販の菓子パンの賞味期限は、種類によって異なりますが、おおむね3日~5日程度です。

■一般的なスイーツよりも長持ちする
菓子パンをスイーツとして楽しむ方も多いと思いますが、一般的な洋生菓子の賞味期限は当日中であることが多いです。
それに比べると菓子パンは賞味期限が長く、常温保存できることから保存性が高いと言えます。

■どうして賞味期限が長いの?
菓子パンの賞味期限が長い理由は、主に2つあります。

・パンに使われている酵母に菌の増殖をおさえる作用がある
・袋に密閉されているため外部からカビや腐敗菌が入らない

密閉されている菓子パンは非常に衛生的ですから、安心して食べることができるでしょう。

▼食品自動販売機での販売に適している
菓子パンは賞味期限が比較的長く、おやつや軽食などに幅広く活用できます。
そのためコンビニやスーパーなどでの販売はもちろんのこと、「食品自動販売機」の商品としても適しているでしょう。
近年はオフィスや駅、空港、アミューズメント施設などに食品自動販売機が普及しており、多くの方が利用しています。
種類も豊富な菓子パンを、ぜひ食品自動販売機での販売商品に加えてみてはいかがでしょうか。

▼まとめ
菓子パンの賞味期限は、市販品でおおむね3日~5日です。
ケーキなどの洋生菓子と比べると長持ちしますので、食品自動販売機の商品としても向いているでしょう。
食品自動販売機を導入している方は、菓子パンもラインアップに入れてみてはいかがでしょうか。
株式会社エイチ・ケー・プランニングでも多種多様な菓子パンの納品や補充を行っています。
ぜひご相談ください。